CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
テデスキ・トラックス・バンド



今頃、ちょうどジャパンツアーの最終公演の真っ最中の、このバンド。

盛り上がっているでしょうね〜、渋谷公会堂。


一昨日の大阪のライブを夫婦で観に行って来ました。

若き天才ギタリスト、デレク・トラックスをちょっと観てみたいな〜と、軽い気持ちでチケットを購入したのですが…。

素晴しいライブでした!

CDも、もちろん、聴いていたのですが、生で聴く、観ると、もう全然違いました。

デレクのギター、スーザンのボーカル。

そして、メンバーそれぞれの技量が凄くて、この11人ならではの厚みのあるサウンドでした。

常に直立不動のデレク以外は、みんな、とても楽しそうに演奏しているのも良かった〜。

一昨日の夜は、かなり良い気持ちで帰ってきました。

また観に行きたいバンドですね。


妻も大満足です。

しかし…。

いつもいつも、僕の趣味のライブにばかり付き合ってもらっているので、そろそろ妻の好きなものにも行かないとなあ〜。

と、この実に仲の良さそうな夫婦のバンドを観て思いました。

次は…何に行きますかね(笑)
| 音楽のこと | 20:16 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
魔法を信じるかい?〜ガルシアの風
JUGEMテーマ:日々徒然



6日にライブに行くということで、ここのところ佐野元春さんばかり聴いていたのですが、それ以外で、今月に入ってよく聴いていたアルバムがこれなんです。
amazonの注文していたら、発売日からかなり遅れて今月になってから届きました。

チャボさんを慕うみんなで作り上げた、
仲井戸”CHABO”麗市 リスペクトアルバム
『OK!!! C’MON CHABO!!!』

5日のライブの良かったみたいですね〜。

昨夜も寝る前に聴きました。

そして、この中で、9曲目、10曲目に並んでいるこの2曲…。

とても印象深いです。

魔法を信じるかい?/Leyona
ガルシアの風/浜崎貴司(FLYING KIDS)

チャボさんの詞。
心に沁みますね。

そして、ふたりの歌もイイ。


2曲の、この歌詞。

今、日本中に届いて欲しい。


魔法を信じるかい?
かなわぬ願いがかなえられる
魔法を信じるかい?
新しい一日にめぐり逢える
何かを動かせそうな不思議な力

それは子供だけのものではなくて
大人だけのものでもなくて
君の 僕の 他の誰もの 何かをあきらめないでいる
そんな想いの中にある
Do You Believe In Magic? oh oh....
Do You Believe In Magic? oh oh....


そして、ガルシアの風


やがて漆黒の夜が訪れたら
僕らは 盗まれた星達を取り返しに行く

ああ どうにもならぬ事など 何もなかったのです
ああ どうしょうもない事など 何ひとつなかったのです



チャボさん。
素敵な歌をありがとう。


| 音楽のこと | 22:37 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Rock & Roll Night
JUGEMテーマ:日記・一般






昨日のこと。
(「君を連れてゆく」風に…。)

佐野元春さんのライブ、
30周年アニバーサリーツアー・ファイナル『ALL FLOWERS IN TIME OSAKA』

に行ってきました。

ゲストも豊富でしたが、やはり、佐野さんの個性、パワーに圧倒され、そして、堪能しました。

次々と演奏される、どの曲も素敵で、大満足の一夜でした。

ナイアガラトライアングルの2曲も、ライブで聴くことが出来て、最高でしたね。
それも、杉さん、銀次さんと一緒…。

サプライズゲストの野茂選手の、
「僕はロックな生き方が好きです。流れに逆らっている時は佐野さんの歌を聞いて、いつの日かをここに信じて、これからもやっていきたいと思います。佐野さんもこれからも歌い続けてください。」
という言葉。(オフィシャルファンサイトMWSから引用させていただきました。)

それに応えて、ゲスト達とともに演奏した「約束の橋」

もう、このあたりで、相当、きていたのですが…。

その次の、「ロックンロール・ナイト」で、ついに涙が溢れ出てきました。

いい年したおっさんが…と、思いつつ、でも、きっと、この会場のあっちにもこっちにも、こんなヤツがいるんだろうなと、感じていました。
どの曲にも、皆、それぞれの思いが有る…。


1982年、アルバム「SOMEDAY」

大阪に出てきて、自分の進路について色々な思いを巡らせ、迷い、苦しんでいた、あの年。
このアルバムを繰り返し繰り返し聴き続けていました。

あの頃の自分を思い出したのか…。


そして、クライマックス。

一緒に歌って…と始めた「サムデイ」

「悲しきレイディオ」

アンコールの「アンジェリーナ」

会場全体、大合唱でした。

僕も会場を出た時には、声がガラガラになっていました。


二十数年振りに行った、佐野さんのライブは、本当に素敵な最高の夜でした。

アンコールを終えて去っていく佐野さんに、隣の人が叫びました。


ありがとう!

本当に、その一言ですね。


夜、眠る頃には、また、あの頃を思い出しました。

そして、この曲のラスト。




どんな答えをみつけるのか

どんな答えが待ってるのか

Rock & Roll Night  Rock & Roll Night

今夜こそ

Rock & Roll Night たどりつきたい





僕は、今も「答え」を探し続けています。

きっと、これからも…。




| 音楽のこと | 23:15 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
仲井戸麗市 - 慕情
JUGEMテーマ:今日の一曲




チャボさんのトリビュートアルバムが出るんですね。
恥ずかしながら全然知りませんでした。

仲井戸麗市リスペクトアルバム「OK!!!C’MON CHABO!!!」


今日、昼間、FMで特集をやっていました。

数曲そのアルバムから掛かって、それぞれカバーしたアーティストのコメントもありましたが、どれも良いですね〜。

あと数日で発売…。楽しみです。

古井戸もRCも大好きでしたが、当時、十代の頃、広島のかなりの田舎に住んでいた僕には、ライブで彼の演奏を観るなど、夢のような話でした…。

去年の夏、万博公園芝生広場で、野外で、チャボさんのライブを観る事が出来ました。
やはり、感慨深いものが有りました…。

YO-KINGのカバーした、この曲。

大好きなんですよね。

改めて、アルバム「絵」を聴いてみました。

いいですね〜。





| 音楽のこと | 22:16 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
As Tears Go By
JUGEMテーマ:今日の一曲



ストーンズは、これまで特に好きだったわけではないのですが、なぜか最近よく聴くようになりました。

この曲も昔から好きな曲なのですが…。

もちろん、バラードだけでなく、ストーンズらしい軽快なロックンロールも大好きです。


なぜ、自分にとって、今、ストーンズなのか?

あの歳になっても変わらない、その生き様、音楽スタイルに惹かれるのかも知れません。

自分もそんな風に素直に気持ち良く生きていきたい…。

そう感じさせる人たちですね。

| 音楽のこと | 23:46 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
佐野さん
JUGEMテーマ:日記・一般

深夜にやっていた『君は佐野元春を聴いたか』を録画しておきました。
30分番組だったので、昼休みに観ました。

やっぱり、良いですね。

そして、思いました。

そうか、佐野元春は、「長嶋茂雄」なんだ…と。

その偉大なプレイ、そして、強烈な個性、言動。
堂島孝平が言うように、「そんな事言える日本人いないでしょう。」の世界ですね。

「ハートビート」を繰り返し聴いた高3の夏。

一人暮らしを始めた頃に聴き続けた「SOMEDAY」

でも、僕が良く聴いたのは、「カフェ・ボヘミア」まで。
それ以降、ご無沙汰していました。
あれだけ大好きだったのに…。

ライブは2回行った事が有りますが、いずれも80年代半ば。
25年程前になります。

今回の30周年アニバーサリー・ファイナル。
大阪城ホールに家族で行く事にしました。

彼の歌を聴いて、子供達はどう思うのか。
そして、僕や妻はどうか。

今から楽しみです。


唯一、持っている「CD」の「NO DAMAGE」を聴いてみました。


自分自身に問いかけてみます。

つまらない大人になっていないか?

うーん…。



まだまだ、これからですね。


| 音楽のこと | 23:08 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
愚か者の涙
JUGEMテーマ:今日の一曲



ふと思い出して、聴きたくなった曲。
ストーンズの「Fool To Cry」です。

中学生の頃、この曲を聴いて、妙にせつなく、悲しくなった記憶があります。


三十年以上経った今、改めて思います。沁みるメロディーですね。

| 音楽のこと | 21:11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/1PAGES |